生理周期と肌の関係って?

個人差はありますが、生理が始まってから次の生理が始まるまでの期間が28日間あります。これを1週間単位でくぎります。それぞれ、「月経期」「卵胞期」「黄体期前期」「黄体期後期」と呼ぶ。そして「エストロゲン」「プロゲステロン」というホルモンの分泌される量が変化することで、肌のコンディションが左右されます。だから各時期によって、肌の状態は違うんですよ。したがって、それらを意識したスキンケアを行えば、きれいな肌に近づくことができます。

月経期~卵胞期に適したスキンケア方法

月経期は、保湿を重視したスキンケアをしましょう。この時期は低体温になりがちです。そのため血行不良になって肌に栄養が届きにくくなり、乾燥します。運動は控えたほうがいいですが、軽いストレッチやマッサージなどで血行を促すといいでしょう。卵胞期は、1番肌のコンディションがいい時期です。肌に刺激の強いケア(ヘアカラーリングやピーリングなど)を行うのに適しています。また、代謝があがるため、ダイエットを始めるのにも向いていますよ。

黄体期前期~黄体期後期

黄体期前期は、だんだんと肌の調子が落ちていく時期になります。肌の内部から乾燥してくるため、スキンケアで保湿することを心がけましょう。そして黄体期後期は、もっとも肌のコンディションが悪くなる時期です。肌が敏感になっているため、トラブルがでやすいです。したがって、刺激の強いケアは避けるように。肌がデリケートなため、紫外線ケアをしっかりとしてください。そして栄養バランスのいい食事で、体の中からもコンディションを整えましょう。

品川美容外科の訴訟について詳しく