絶世の美女クレオパトラ

クレオパトラは古代エジプト女王で、美しさと知性を持ち合わせていました。そんなクレオパトラの美容法は、金の糸を使ったスキンケアです。墓を掘りおこしたときに金の糸が出てたため、これを使用して美を保っていたといわれています。また、その当時金より価値の高かったバラの花を、入浴するときに取り入れていたとされています。肌だけではなく、髪やつめなどのケアも怠っていなかったようです。食事は緑黄色野菜やハチミツを摂取して、内側からもケアをしていました。

17歳で妃になった楊貴妃

楊貴妃は、その美貌をかわれてわずか17歳で妃になりました。そんな楊貴妃の美容法は、半身浴です。今の時代も半身浴は美容にいいとされていますが、はるか昔から美容法として取り入れられていたのですね。また食事の面では、高級食材であるツバメの巣や、ライチ、赤ナツメなどをよく食べていたそうです。ツバメの巣にはコラーゲン、ライチには葉酸やビタミンC、ナツメには葉酸やビタミンPなど、それぞれ肌にいいとされている栄養が多く含まれています。

多くの男性を虜にした小野小町

小野小町は、平安時代の歌人です。しかし、ハッキリとした正体は明らかになっておらず、歌人いう説がもっとも有力。そんな小野小町の美容法は、入浴です。体を温めることは血行促進につながります。血の巡りがよくなれば、栄養が肌や髪などにいきわたり、きれいになります。また、肌のターンオーバーも促され、美肌に。そして、鯉を食べることでコラーゲンを取り入れていたようです。そうやって、黒髪や美肌を維持していたそうですよ。

品川美容外科の起訴まとめサイト